中国に行くときに入れておきたいアプリ7選+α

中国では、ネットの規制が厳しく、日本で使用しているようなFacebookTwitterLINEInstagramGoogleなどが使用できません。こういったように様々な面で不便を感じることが多くあるかと思います。特に仕事でGmailに依存しているととても恐ろしい状況に陥ることになります。
こういった時には、VPNや香港SIM、海外データローミングで回避することができます。

VPNに関する記事

サラリーマン@中国

こんばんわ😄 中国では情報統制されていることは今となっては有名な話ですが、情報統制により、 LINE 、、、 Instagram などが中国国内では、使えないということを知っていますか? これらのSNSが規制されていては、このご時世、特に若い人には致命的と言っても過言でないほど大きな問題です。 これらの問題を解決するために、渡航前に準備しておきたいのが『VPN』です。 …

香港SIMに関する記事

サラリーマン@中国

海外での電話料金やパケット料金は日本国内で使用するのと比較しても高く、SIMカードを購入して使用する方が断然お得です。 海外パケットとSIMカードに関する記事↓ 【中国旅行/短期滞在者向け】中国でもネット規制を回避できる香港SIMカードの徹底解説! …

しかし、このような回避策も場合によってはVPNの調子が優れず、うまく利用できないなんてこともよくあります。そんな時の為に、中国でもこういったアプリに対応するものがありますので、紹介していきます!今回は、期間に関係無く中国に滞在する上でダウンロードしておくべきだと思うアプリをまとめていきます。

 

Mustアプリ

We Chat


 

 

 

 

このアプリは、中国で1位、2位を争う深圳に本社を構えるIT企業「テンセント(腾讯)」が開発を手がけるメッセンジャーアプリです。2011年からサービスが開始し、当時はQQという別のメッセンジャーアプリが使われていたことから、2番煎じだと思われていましたが、今や月間アクティブユーザー10億人超えを誇るアプリに成長しました。

日本でいうLINEのようなものです。

中国では、現地の人と連絡を取る際は必須と言っても過言ではないほど必要不可欠です。

現地に行く際は、どんな出会いがあるか分からないので必ずダウンロードしていきましょう!

また、ユーザーの半数以上がWe Chat Payを利用しています。

WeChat Payに関する記事

サラリーマン@中国

你好!(こんにちは!) 前回も記事を読んでくださってくれた方々、ありがとうございました☺️ ————————– 今回は、番外編で We Chat Pay の設定方法について記事を作っていきます。  これから留学や仕事で中国に行かれる方は、おそらく必要になるので是非設定して見てください! それ以外で、前回のどの方法でも出来ないという方は、 日本では『LINE Pay』の方がいいと思いますので、 別の記事を別で作りますので次の記事をお読みください! ————————– ここからは、本題です! ▼We Chatの登録方法 ▼『We Chat Pay』の設定方法! 以上です、クレジットカードを認証するのが少し手間ではありますが、そんなに工程数も多くなく、比較的誰でも簡単に設定できるんではないでしょうか? 参考になれば幸いです! 今回も本記事を読んでいただきありがとうございました。

百度(バイドゥ)



このアプリは、中国版Googleとして活躍してくれます。

最近では無人運転自動車「アポロ(Apollo)」にも力を入れていて、中国ではこれまた知らない人はいないというほど大きな企業です。

検索エンジンとしては、ほとんどの中国人が使用しています。
日本語検索はまだまだ弱いですが、いざという時の調べ物に必要になります。

百度翻译(バイドゥ翻訳)


このアプリは、また百度(バイドゥ)が手がけるもので、中国版Google翻訳です。

私も、よく使用していますが、最近は翻訳の精度が本当に優秀になってきています。

日本でもポケトークなど、優れた翻訳機器が出てきていますが、現地でSIMを買うなりしてネット環境を整えるのであればこの翻訳アプリで十分です。

 

高度地图(ガオドゥマップ)



中国では、高度地
图または、百度地图が主流にっています。

どちらも中国版Googleマップといった感じです。

上の記事で紹介したVPNを使用すれば、中国でもGoogleマップは使用できますが、次から次に都市の様子が変化する中国では、アップデートが間に合わないため、現地のマップを使用することをオススメします。

Trip.com(トリップドットコム)



このアプリは、ホテル、航空券、列車などの予約が可能なアプリです。また、日本語にも対応していて、中国語が分からなくても利用することができます。

トリップドットコムは、中国最大手オンライン旅行予約サイトCTripのグローバルブランドです。

19の言語に対応していて、日本語もそのうちうの1つです。

トラブルの際にカスタマーセンターで日本語が通じるのはとても心強いです。

 

Airbnb(エアビーアンドビー)



このアプリは中国のアプリではないですが、中国でも利用可能な民泊サービスです。

ホテルと比較しても価格が抑えられることから、世界中で多くの旅行者が利用しているサービスです。実際に私もハルビン雪まつりに観光に行った時に利用しましたが、優良物件でよかったです。

少し民泊と聞いて抵抗のある方もいらっしゃるかもしれませんが、よやう前にホストの情報や口コミ、レビューを見ることができます。

ちなみに私は、海外に行く時にはよくこれを使っています。

 

 

众点评(大衆点評)



これは、中国版のホットペッパーのようなアプリです。
どちらかといえば飲食の店探しでよく活躍します。
エリアや、ランキング、口コミ、距離、カテゴリーなどで絞り込むことも可能です。

 

 

Betterアプリ(長期滞在者向け)

ここからは、+αでのアプリの紹介です。

観光や短期滞在の方は、上の7つのアプリで十分だと思いますが、長期滞在する方は以下のアプリもダウンロードすることをオススメします。

美团(Meituan / 美団)



このアプリは、生活情報サイトとして多岐にわたって事業展開しています。

日本で言えば、じゃらん+ほっとペッパー+Uber+出前館などなどの機能を兼ね備えていて、私も美团外卖(日本でいうUberのようなもの↓)をよく利用しています。

実はこの企業も日本ではあまり知られていませんが、最新のインターネット会社の時価総額ランキングは、アリババ、テンセントに次ぐ3位のとても大きな企業です。

抖音(DouYin / TikTok)



これは、日本にもあるTikTokと同じですが、中国には、中国版のTikTok「抖音」があります。

中国では、使われ方が少し異なり、新聞社や政府なども情報発信するメディアの1つとして利用しています。若者の間ではInstagramのストーリ機能のような感覚でも人気を集めています。

中国では、ショートムービー業界が熾烈な争いを極めています。


中国版TikTok「抖音」に関する記事

サラリーマン@中国

こんにちは〜 今回は、遅いくらいではありますが今、 中国国内では最大のユーザー数を誇るアプリ『TikTok』 について書いていきたいと思います。 この記事を読んでくださっている多くの皆さんは 『TikTok』はどう言った印象を持っていますか?私は少なくとも数ヶ月前まで所詮、中高生や若者の女性にフォーカスしてヒットした、ショートートムービーコンテンツだと思っていました。 …

微博(ウェイボー / weibo)



中国版の
Twitterです。

ほとんど中国語での投稿ばかりですが、写真を最高9枚までアップできます。

Twitterのように情報をいち早く得るためとしても、自分の意見を発信する場としても多くの人が利用しています。

淘宝(タオバオ)



中国で大手のアリババが提供するECプラットフォームで、日本でいうAmazonや楽天です。

様々なものが格安で購入できたり、海外へ旅行行く前にWi-Fiをレンタルしたり、ビザ取得の代行など様々なサービスを受けることができます。

最近では、KOLによる実況販売などでさらに注目を集めています。

余談ですが、つい先日、元AKB48の小嶋陽菜さんがタオバオのライブ配信Eコマースに登場したことが注目されていました。

また、最近では、京东(ジンドン)というECサイトも注目されています。使いやすい方をダウンロードしてみてください。

哔哩哔哩(bilibili / ビリビリ)



これは、動画共有サービスです。中国版ニコニコ動画で、ニコニコ動画同様、弾幕機能が魅力の1つになっています。インターフェイスは中国語表記のみですが、インフルエンサーの配信やドラマ、アニメ、英語を閲覧できます。日本のアニメやドラマ、映画を視聴でき、中国の若者を中心にとても人気なサービスです。

哔哩哔哩(bilibili / ビリビリ)について詳しい記事はこちら

サラリーマン@中国

こんにちは! これからは中国で話題に記事を書いていきつつ、日本には珍しい中国国内のサービスなどをシリーズ化して記事を作っていこうと思います。今回は、第1回ということで、日本版「ニコニコ動画」と言われるサービスについて書いていこうと思います。 それでは早速記事に移っていきます。 …


红书(RED)



このアプリをダウンロードしておけば中国の最新トレンドを把握できます。

特に中国の若い女性を中心に広く普及しているようです。

201810月時点ではユーザー数が1.5億人にも登り、口コミが信用の鍵になっている中国では海外コスメなど海外のもを購入するときの指標としても閲覧されているようです。