【中国長期滞在者向け】中国留学する人必見!中国のスマホ事情

現在の中国では、決済はもちろん、街中などでも様々なサービスを受けるのにスマホが必須です。
生活の中でスマホがなければ生活に支障をきたすと言っても過言ではありません。
そんな中国にこれから留学する人、仕事などで滞在する予定がある人向けに、中国でスマホを契約する方法などを紹介していきます。

中国で携帯を利用するのに必要なもの


現地の通信会社と契約する場合は、SIMを受け取ることになりますので、SIMロックが解除されたスマートフォン(SIMフリースマホ)、または、現地でスマホを調達する必要があります。

(1)現在使用しているスマホのSIMロックを解除する方法

日本で購入したスマホにはほとんどSIMロックがかかっています。キャリアによって若干の差はありますが、一定の条件を満たせば簡単にSIMロックを解除することができます。

SIMロック解除についての記事↓↓

サラリーマン@中国

海外での電話料金やパケット料金は日本国内で使用するのと比較しても高く、SIMカードを購入して使用する方が断然お得です。 海外パケットとSIMカードに関する記事↓ 【中国旅行/短期滞在者向け】中国でもネット規制を回避できる香港SIMカードの徹底解説! …

(2)日本でSIMロックが解除された携帯を購入していく or 現地で調達する。

★お勧めはiPhone!
iPhoneは中国全国すべての通信会社に対応していて、中国の通信会社で契約したSIMを挿入するとVPNなしでもアプリのダウンロードが可能です。また中国の周波数にもしっかり対応しています。

【中古】Bランク SIMフリー iPhone6s 16GB シルバー Apple MKQK2J/A iPhone 本体

 

 

【中古】Bランク SIMフリー iPhone7 128GB ブラック Apple MNCK2J/A iPhone 本体

 

 

【新品】SIMフリー iPhone8 64GB ゴールド Apple MQ7A2J/A iPhone 本体

 

★安いAndroid!
個人的にはあまりお勧めしませんが、中古のスマホを取り扱っているお店では、5000円くらいから購入可能です。しかし、一方では、契約する通信会社によっては周波数に対応せず利用できないことや、VPNが利用できない場合アプリをダウンロードするGoogle Storeにアクセスできないので、現地で必要なマップ等のアプリをダウンロードできない可能性があります。

VPNについての記事はこちらから↓↓

サラリーマン@中国

こんばんわ😄 中国では情報統制されていることは今となっては有名な話ですが、情報統制により、 LINE 、、、 Instagram などが中国国内では、使えないということを知っていますか? これらのSNSが規制されていては、このご時世、特に若い人には致命的と言っても過言でないほど大きな問題です。 これらの問題を解決するために、渡航前に準備しておきたいのが『VPN』です。 …

★現地で購入する
日本円で、1万〜5万円(600〜3000元)くらい出せば、満足したパフォーマンスの携帯を購入できるかと思います。たまに安いものは日本語表記ができないものもありますので、確認してから購入するようにしましょう!

 

中国の通信会社について


日本と同様、主に3つの通信会社が主流です。

中国移動(China Mobile)
中国国内ユーザー数No.1。
通信範囲が優れていて、田舎の方に勤務予定の方には特にオススメ!

中国聯通(China Unicom)
中国国内ユーザー数No.2。
コスパがいいことで有名で、外国人や大学生には特に人気

中国電信(China telecom)
歴史の最も古い通信会社。
台湾などでは結構利用者が多い。

 

契約のタイプ


契約のタイプは大きく分けて、《月額定額制》と《プリペイド方式》の2種類があります。
空港などでもSIMカードは販売されていますが、価格高く、プラン数が少ないので、ショップで直接契約することをオススメします。

《月額定額制》

このタイプの契約は、一般的な日本の携帯電話料金お支払いと同じです。

外国人が購入する場合は、法人と個人で契約の仕方が異なります。
法人の場合は法人名義の契約で簡単に契約できます。しかし、個人契約であれば、パスポートの確認の他に、現地の保証人が必要です。契約地域に住所があれば補償金を支払うということで保証人なしで契約できる場合もあります。

月々の支払いは、中国の銀行口座からの引き落とし、WeChat、Alipay、コンビニ、ショップでの直接支払いなど日本と似たような感じです。

帰国時には、通信会社のショップで解約手続きが必要です。解除しなければ月々の料金が発生し続けるので、注意!!

 

《プリペイド方式》

パスポートがあれば簡単に契約できるので、法人契約以外で外国人が契約する場合はオススメ!

プリペイドの額を使い切った場合は、各通信会社のアプリとWeChatやAlipay、銀行口座を紐づけてリチャージすることができます。スマホで決済まで完了できるので本当に楽チンです!

基本料金もないため、通信料や電話料金は若干割高ですが、日本の携帯代を比べると格安です。

 

現地での手続き方法


契約には、パスポートが必須です。(※1)
あらかじめ、中国国内で使用するスマホを準備してくと店員さんがその場でセットしてくれるので準備していくことをオススメします。

<契約手順>
1、店に入って、近くにある機械で番号札を発券。
2、番号を呼ばれたら、希望のプランを選択。
3、電話番号を提示されるので、好みの番号を選択
4、パスポートの確認。
5、お金(デポジットや初月料金など通信会社によって異なる)を支払う。
6、スマホを渡して設定してもう
7、完了!

上記しましたが、支払い方法は通信会社のアプリとWeChatやAlipayのモバイル決済、銀行口座引き落とし、店頭での支払い、コンビニ支払いなどです。

(※1)月額定額制の場合は現地の保証人が必要です。(参照項目:契約のタイプ)